• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
過去の上映作品Past screning

ブックスマート
卒業前夜のパーティーデビュー

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像メイン
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像1
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像2
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像3
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像4
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像5
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像6
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像7
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像8
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像9
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像10
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像11
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像12
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー、画像13

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

“俺たち”シリーズ、『バイス』の製作コンビによるバックアップの下、女優オリヴィア・ワイルドが長編監督デビュー。これまでになく大胆でパワフルな青春コメディはSXSW映画祭で話題沸騰!数々の映画賞を席巻する快進撃で全米を熱狂させた。また、監督、脚本、主演の全てが女性主導という作品にテイラー・スウィフト、ナタリー・ポートマンら多くのセレブが絶賛し、支持表明したことも大きな話題となった。
主演は、本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートを果たした『レディ・バード』ビーニー・フェルドスタインと『デトロイト』ケイトリン・デヴァー。
レベル・ウィルソンのNetflixで配信中『ロマンティックじゃない?』の脚本家陣が見かけや趣向のステレオタイプを排除し多面的なキャラクターを作り上げ、初監督のワイルドがフレッシュにまとめあげた。たった一晩のはちゃめちゃな冒険が、全ての登場人物に気づきを与え、爆笑の後には過ぎ去った時間の愛しさと、彼らを待つ未来の美しさを予感させてくれる。2020年代の青春コメディの傑作がついに公開される。
明日は卒業式。親友同士のモリーとエイミーは、高校生活の全てを勉学に費やし輝かしい進路を勝ちとった。ところが、パーティー三昧だった同級生たちも同じくらいハイレベルな進路を歩むことを知り驚愕。2人は失った時間を取り戻すべく、卒業パーティーに乗り込むことを決意する。
(上映時間:102分 DCP上映)

このページのトップへ

喜劇 愛妻物語

喜劇 愛妻物語、画像メイン
喜劇 愛妻物語、画像1
喜劇 愛妻物語、画像2
喜劇 愛妻物語、画像3
喜劇 愛妻物語、画像4
喜劇 愛妻物語、画像5
※イベントは終了しました。ありがとうございました。
舞台挨拶
ゲスト:足立紳監督 & 足立晃子さん
19日(土)16:00の回上映後
詳細はイベントブログ『喜劇 愛妻物語』舞台挨拶をご覧ください。

結婚して10年。いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。四国を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ!
『百円の恋』で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家・足立紳が、自伝的小説「喜劇 愛妻物語」を自ら脚色した監督第二作。とことんどうしようもない倦怠期夫婦の珍道中を通じて、滑稽だが愛すべき“夫婦の真実”を一切カッコつけることなく描き切った珠玉のロードコメディだ。
稼ぎがほぼゼロで家に居場所もないのに、隙あればセックスに持ち込もうと奮闘するダメ夫・豪太役には、独特の憎めない個性で愛される人気俳優、濱田岳。そして夫に罵声を浴びせながら、家計や子育てを支える不機嫌妻のチカには水川あさみが扮し、速射砲のように罵詈雑言が飛び出す毒舌キャラを熱演。また、豪太とチカの娘アキには、音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもある注目の子役、新津ちせ。さらにチカの親友・由美役の夏帆や、光石研、ふせえり、大久保佳代子ら個性派陣が脇を固める。
世知辛い人生の苦みや、夫婦関係を続けていく難しさを噛みしめつつも、足立監督の視線はどこかのほほんとしていてユーモラス。ほぼほぼ険悪、ほんの時折、緊張の糸が緩む豪太とチカの夫婦の姿は、みっともなくてカッコ悪くて、それでいてどこか愛らしい。「笑って泣ける」は使い古された常套句だが、「笑い」と「泣き」がひとつに混じり合うクライマックスに、“男女の愛の神髄”を見出すことができなくもないだろう。
あまりにも赤裸々で、スケールの小さい痴話ゲンカ。見終えた後に押し寄せるのは、胸にしみる感動か、呆れ混じりの乾いた笑いか、それとも他人ごととは思えないディープな共感か? 日本の“家族映画”の伝統に新たな1ページを加える、とことんまで情けない痛快作が誕生した。
(上映時間:115分 DCP上映)

このページのトップへ

パブリック
図書館の奇跡

パブリック 図書館の奇跡、画像メイン
パブリック 図書館の奇跡、画像1
パブリック 図書館の奇跡、画像2
パブリック 図書館の奇跡、画像3
パブリック 図書館の奇跡、画像4
パブリック 図書館の奇跡、画像5
パブリック 図書館の奇跡、画像6
パブリック 図書館の奇跡、画像7
パブリック 図書館の奇跡、画像8
パブリック 図書館の奇跡、画像9
パブリック 図書館の奇跡、画像10

© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイにインスピレーションを得て、完成までに11年を費やし監督したのは名優エミリオ・エステベス。米オハイオ州シンシナティ。記録的な大寒波により、緊急シェルターがいっぱいで行き場がないホームレスの集団が図書館を占拠した。突如勃発した大騒動に巻き込まれたひとりの図書館員の奮闘を軸に、笑いと涙たっぷり、予測不可能なサプライズも盛り込まれた感動作。
約70人のホームレスの苦境を察したスチュアート(エミリオ・エステベス)は、彼らと共に図書館に立てこもることに。しかし、図書館館長、刑事と検察官、マスコミなどそれぞれの思惑が交錯。やがて警察の機動隊が出動し、追いつめられたスチュアートとホームレスは驚愕の行動を決断する…。エミリオ・エステベス監督のもとにアレック・ボールドウィン、クリスチャン・スレイター、『ネオン・デーモン』のジェナ・マローン、Netflix「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のテイラー・シリングなど実力派揃いのキャストが集結。
主人公の勇気ある行動は、今を生きる私たちにそっと語りかけてくるような問いかけであり、あらゆる観客の胸に響くに違いない。
(上映時間:119分 DCP上映)

このページのトップへ