• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning
『野火』
8月12日(土)〜8月14日(月)
(1)10:3011:57
※予告がありませんので、お早めに劇場におこしください

8月16日(水)~8月18日(金)
(1)10:3011:57 ※予告5分程

7月29日~8月25日:スケジュールPDFファイルはこちら
特別料金1,100円
塚本晋也監督舞台挨拶決定!
812日(土)10:30の回終了後
詳細はイベントブログ『野火』塚本晋也監督初日舞台挨拶のお知らせをご覧ください。

『野火』

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧不足を理由に田村の入院を拒絶。再び舞い戻った部隊からも入隊を拒否されてしまう。空腹と孤独と戦いながら、レイテ島の暑さの中をさまよい続ける田村は、かつての仲間たちと再会する。戦場という異常な空間で極限状態に追い込まれた人間たちが描かれる。共演にリリー・フランキー、俳優デビュー作の「バレット・バレエ」以来の塚本監督作品への参加となるドラマーの中村達也。
(上映時間:87分 DCP上映)

このページのトップへ
『この世界の片隅に』
8月12日(土)
(1)13:0015:15 ※予告5分程
(2)18:0020:15 ※予告5分程
※ともに日本語字幕つき上映

8月13日(日)、8月14日(月)
(1)13:0015:15 ※予告5分程
※日本語字幕つき上映

8月15日(火)
(1)15:3017:40
※予告がありませんので、お早めに劇場にお越しください
※日本語字幕つき上映


8月16日(水)~8月18日(金)
(1)13:0015:15 ※予告5分程
※日本語字幕つき上映

7月29日~8月25日:スケジュールPDFファイルはこちら
片渕監督舞台挨拶のお知らせ
815日(火)  15:30の回上映後 
詳しくはイベントブログ『この世界の片隅に』片渕監督舞台挨拶のお知らせを御覧ください

『この世界の片隅に』

第13回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の原作を、第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督が徹底した原作追及、資料探求、現地調査、ヒアリングを積み重ね、主人公すずさんの生きた世界をリアルに活き活きと描き出した。
昭和19年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。新しい家族には、夫・周作、そして周作の両親や義姉・径子、姪・晴美。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。
昭和20年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。 そして昭和20年の夏がやってくる。
(上映時間:129分 DCP上映)

このページのトップへ
『ラ・ラ・ランド』
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド

© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

8月12日(土)~8月18日(金)※火曜日定休
(1)15:3017:45 ※予告5分程

8月19日(土)~8月25日(金)※火曜日定休
(1)13:0015:15 ※予告5分程
7月15日~8月11日:スケジュールPDFファイルはこちら

英語字幕歌詞付き日本語字幕版、発声可能上映開催!
811日(金・祝) 15:30の回
※水、火をつかうものは禁止
※英語歌詞はスクリーンに表示されますので歌詞カードは不要

詳細はイベントブログ『ラ・ラ・ランド』発声可能上映開催のお知らせをご覧ください。

『セッション』『ラ・ラ・ランド』
リピーター/相互割 1,100円
※それぞれの当館半券提示でリピーターもしくは相互割適用となります

『ラ・ラ・ランド』

『セッション』から2年、全世界熱望のデイミアン・チャゼル監督の最新作が遂に完成した。 映画と恋におちた若き天才が新たに創り出したのは、歌・音楽・ダンス・物語─すべてがオリジナルにして圧巻のミュージカル映画。この鮮やかでどこか懐かしい映像世界で、一度聞いたら耳から離れないメロディアスな楽曲に乗せて繰り広げられるのは、リアルで切ない現代のロマンス─。
夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。
(上映時間:128分 DCP上映)

このページのトップへ