• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning
『はじまりへの旅』
はじまりへの旅
はじまりへの旅
はじまりへの旅

©2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

7月1日(土)~7月7日(金)※火曜日定休
(1)10:3012:34 ※予告5分程
(2)15:3017:34 ※予告5分程

7月8日(土)
(1)13:0015:04 ※予告5分程
(2)18:0020:04 ※予告5分程

7月9日(日)~7月14日(金)※火曜日定休
(1)13:0015:04 ※予告5分程

7月1日~7月14日:スケジュールPDFファイルはこちら

『はじまりへの旅』

世の中にはちょっと変わった家族はよくいるが、キャッシュ家の親子7人ほど何もかもが型破りで、奇妙キテレツな一家はどこにもいない。現代社会に背を向けてアメリカ北西部の山奥にこもり、インターネットなどのテクノロジーには一切依存せず、自給自足のサバイバルライフを実践。厳格な父親ベンの教えのもと、18歳から7歳までの6人の子は古典文学や哲学書に読みふけり、誰もが6ヵ国語をしゃべる。さらに鍛え抜かれた身体能力はアスリート級で、ロッククライミング、狩猟、マーシャルアーツと何でもござれ!
そんな大森林で暮らす一家の“初めての旅”を紡ぎ上げたロードムービーが、行く先々で観客の笑いと涙を誘い、熱狂的な拍手喝采を浴びている。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた快挙を皮切りに、世界各国の映画祭や全米の賞レースをにぎわせ、わずか4館での封切りでスタートした全米公開は600館にまで拡大し、4ヵ月以上のロングラン・ヒットを記録。かくしてインディペンデント映画の枠を超え、異例の快進撃を続けている話題作、それが『はじまりへの旅』である。
(上映時間:119分 DCP上映)

このページのトップへ
『カフェ・ソサエティ』
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ
カフェ・ソサエティ

Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

7月1日(土)
(1)13:0014:41 ※予告5分程
(2)18:0019:41 ※予告5分程

7月2日(日)~7月7日(金)※火曜日定休
(1)13:0014:41 ※予告5分程

7月8日(土)~7月14日(金)※火曜日定休
(1)10:3012:11 ※予告5分程
(2)15:3017:11 ※予告5分程

7月1日~7月14日:スケジュールPDFファイルはこちら

『カフェ・ソサエティ』

『ミッドナイト・イン・パリ』で、観る者を1920年代ゴールデンエイジのパリへとタイムトリップさせたウディ・アレン監督が、"もうひとつの黄金時代"へ誘うロマンティック・コメディを完成させた。それはカリスマ性あふれる銀幕のスターが次々と登場し、永遠に語り継がれる映画史上の名作がいくつも生み出された1930年代のハリウッド。近年の彼の作品では最もゴージャスで彩り豊かな仕上がりとなった話題作、それが『カフェ・ソサエティ』なのだ。
もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ"愛称ヴォニー"の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。
(上映時間:96分 DCP上映)

このページのトップへ