• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning

たちあがる女

たちあがる女
たちあがる女

©2018-Slot Machine-Gulldrengurinn-Solar Media Entertainment-Ukrainian State Film Agency-Köggull Filmworks-Vintage Pictures

6月1日(土)~6月7日(金)※火曜定休
(1)10:30~12:16 ※予告5分
6月8日(土)~6月14日(金※火曜定休
(1)12:30~14:16 ※予告5分

5月4日~6月14日:スケジュールPDFファイルはこちら
ライブ音声ガイド付き上映
68日(土)
ガイド:声なびシネマわかばさん
※ガイドご利用の方はFMラジオとイヤホンをご持参ください。
※ガイド不要の方も通常と同じようにご覧いただけます。
※盲導犬のご入場もできます。

処女長編作『馬々と人間たち』で鮮烈なデビューを飾り、世界中で20以上もの映画賞を獲得。アキ・カウリスマキや口イ・アンダーソンの後に続く、北欧の才能と目されるベネディクト・エルリングソン監督の最新作『たちあがる女』はコーラス講師と環境活動家、二つの顔を持つ女性ハットラが、新しい家族を迎え入れ、母親になる決意をしたことから巻き起こる騒動をユーモラスに描くヒューマンドラマだ。
雄大なアイスランドの自然と叙情的な音楽に彩られた現代のおとぎ話ともいえる物語は、とぼけた味わいとコミカルな笑いを醸しながらも、いまの人間社会において見逃してはいけない問題を皮肉たっぷりに浮かび上がらせていく。
「自分らしく生きる一人の女性」を通して、人間の強さと優しさ、そして寛容さを謳い上げ、生きていく中で一番大切なものを気付かせてくれる『たちあがる女』は、爽やかな感動を呼ぶアイスランド発・痛快ヒューマン・エンターテイメントなのだ。
(上映時間:101分 DCP上映)

このページのトップへ

モダン・ラブ

モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
モダン・ラブ
6月1日(土)~6月7日(金)※火曜定休
(1)12:45~14:45 ※予告5分
特典つき前売券販売中
価格:1,500円
特典:ポストカード

5月4日~6月14日:スケジュールPDFファイルはこちら
イベント決定!
初日舞台挨拶:61日(土)
登壇者高橋卓郎さん、福島拓哉監督(川越出身)
※限定1名未使用脚本プレゼント
ミニライブ:62日(日)
登壇者
キャットニャンダフルフォーク部・竹田信吾さん(川越高校出身、劇中挿入歌演奏)、福島拓哉監督(川越出身)
舞台挨拶:
6
3日(月)登壇者佐藤睦さん、福島拓哉監督(川越出身)
65日(水)登壇者芳野正朝さん、福島拓哉監督(川越出身)
66日(木)登壇者関口純さん(埼玉県出身、音楽担当)、福島拓哉監督(川越出身)
67日(金)登壇者福島拓哉監督(川越出身)、ほか未定
詳しくはイベントブログ『モダン・ラブ』舞台挨拶を御覧ください

太陽系内に生命体の存在する新惑星が発見され、同時に異常気象が頻発している。旅行代理店でアルバイトをしている大学院生のミカは、失踪した恋人・テルのことを忘れられない。出会い系アプリで男を漁りその孤独を埋めつつ、妄想でテルと会話する毎日だが、ある日ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、「もう一人の自分」たちと出会ってしまう…。
川越出身(高階小学校・砂中学校・川越高校卒)で、西武グループの海外向けCMを手掛けるなど訪日外国人への川越PRにも貢献している福島拓哉監督によるオリジナル長編。
アメリカ・フィリピンでのグランプリ含め世界10か国で上映・7冠受賞(内5冠は日本映画初受賞)、国内では観客からの絶賛コメントがSNS等で拡大しリピーターが続出。 常に福島監督作品のテーマの軸にある都市としての東京を舞台にしつつも、独立問題で世界中の注目を集めているスペイン・カタルーニャ州でのロケを敢行。かつてない奇想天外なストーリーが展開する“サイコ・ファンタジー”作品がここに誕生した。
鬼才・俊英・インディペンデントの雄など、その独自の活動から様々な言葉で形容される映画監督・福島拓哉。
PFF入選作『TIME IS ON MY SIDE』、水戸短編映像祭審査員奨励賞『JAM』を経て01年『PRISM』で衝撃のデビューを果たし、09年『アワ・ブリーフ・エタニティ』は東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛。16年には「ESCAPE FROM THIS FUCKIN WORLD」と題した傑作選15本の特集上映が組まれるなど、「都市と記憶」「現実と非現実」をテーマに90年代から20年以上に渡る活動が、インディペンデントシーンで支持され続けている。
主演はラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司』で鞠谷アンジュとしてレギュラー出演中の稲村梓。失踪した恋人役には福島作品常連の高橋卓郎。川瀬陽太、草野康太ら日本映画に欠かせない俳優陣が脇を固め、ロックバンド・The John’s Guerrillaの今村怜央が物語の鍵を握るキャラクターとして出演している。
(上映時間:115分 DCP上映)

このページのトップへ

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル
6月1日(土)
(1)15:30~18:08 ※予告がありませんのでお早めにおこしください
6月2日(日)~6月7日(金)※火曜定休
(1)15:10~17:48 ※予告がありませんのでお早めにおこしください

5月4日~6月14日:スケジュールPDFファイルはこちら

発声可能上映決定!
61日(土)
歌っても踊ってもクラッカーを鳴らしてもOK!

詳しくはイベントブログ『レ・ミゼラブル』発声可能上映を御覧ください

『レ・ミゼラブル』

文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化。『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが監督を務め、貧しさからパンを盗み19年も投獄された男ジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯を描く。主演は、『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマン。彼を追う警官にオスカー俳優のラッセル・クロウがふんするほか、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドら豪華キャストが勢ぞろいする。
(上映時間: 158分 予告なし DCP上映)

このページのトップへ