• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

チャンシルさんには
福が多いね

チャンシルさんには福が多いね、画像メイン
チャンシルさんには福が多いね、画像1
チャンシルさんには福が多いね、画像2
チャンシルさんには福が多いね、画像3

2019 Copyright © KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED / ReallyLikeFilms

6月12日(土)~6月18日(金) ※火、水曜日休館
(1)13:00~14:41 ※予告5分
※本作の前売券はお使いいただけます
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

6月5日~7月2日:スケジュールPDFファイルはこちら

仕事だけが生きがいだったアラフォーチャンシルさんの人生に、突然のエンディングロール!?
ずっとプロデューサーとして支えてきた映画監督が、打ち上げ宴会中に心臓発作で急死。これを機に失職して、何もかも失ってしまったチャンシルさん。映画だけに捧げてきた人生、気がつけば男も子供も家もなし、もちろん青春なんていまいずこ。そんな八方塞がり、アラフォー女子のチャンシルさんに、ある日突然、思わぬ恋の予感が…。
くすくすおかしくて、じわじわしみる…韓国映画界に軽やかな足跡を刻む女性監督の登場に歓喜!
『はちどり』『82年生まれ、キム・ジョン』ー新風を巻き起こす女性監督たちの台頭が著しい韓国映画界で、その最前線グループに陣取るキム・チョヒ監督、待望の長編デビュー作! 長らく名匠ホン・サンス監督のPD(プロデューサー)として活動してきた彼女が、自身を投影していると言われている本作は、オフビートのテンポの中にじわじわと心に染みるユーモアとペーソスとハッピーが綴られていく。
(上映時間:96分 DCP上映)

このページのトップへ

街の上で

街の上で、画像メイン
街の上で、画像1
街の上で、画像2
街の上で、画像3
街の上で、画像4
友達やめた。、画像5

©「街の上で」フィルムパートナーズ

6月12日(土)~6月18日(金) ※火、水曜日休館
(1)15:00~17:15 ※予告5分
※本作の前売券はお使いいただけます
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

6月5日~7月2日:スケジュールPDFファイルはこちら
※イベントは終了しました。ありがとうございました。
初日舞台挨拶決定!
65日(土)12:30の回上映後
ゲスト:今泉力哉監督
詳細はイベントブログ『街の上で』初日舞台挨拶をご覧ください。
※特典は終了しました。ありがとうございました。
『街の上で』ご来場者さま特典
荒川青ステッカー
(岡田茂生さん描き下ろしイラスト)

※先着順
※無くなり次第終了
荒川青ステッカー

古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは“告白”だ!」とそそのかされるが―。
映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』と話題作を立て続けに発表する今泉力哉が、共同脚本に漫画家・大橋裕之を迎え、オール下北沢ロケで挑んだオリジナル脚本による長編最新作。主人公・青の元恋人である雪に、『少女邂逅』の穂志もえか。青が通う古書店の店員・田辺役に、『十二人の死にたい子どもたち』の古川琴音。青に映画出演を依頼する美大生の映画監督・町子役に、『お嬢ちゃん』の萩原みのり。町子が監督を務める現場の衣装スタッフ・イハ役に、新星・中田青渚。フレッシュな実力俳優陣が物語に彩りを添え、成田凌も重要な役どころで友情出演している。
街の住人たちとの他愛ない会話。変わらない想いと変わりゆく街並み。どこにでもある下北沢の日常が今泉独特のユーモアと優しさに包まれながら紡がれていく。「今泉映画最高傑作」の呼び声も高い、珠玉の群像劇。
(上映時間:130分 DCP上映)

このページのトップへ

戦場のメリークリスマス
4K修復版

戦場のメリークリスマス 4K修復版、画像メイン
6月12日(土)~6月18日(金) ※火、水曜日休館
(1)10:30~12:38 ※予告5分
※本作の前売券はお使いいただけます
(当館では販売しておりません)
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

6月5日~7月2日:スケジュールPDFファイルはこちら
※特典は終了しました。ありがとうございました。
『戦場のメリークリスマス 4K修復版』
ご来場者さま特典
キャラクターステッカー(絵柄はお選びいただけません)
※有料でのご鑑賞の方のみ
※先着順
※数量限定、無くなり次第終了

第36回カンヌ国際映画祭で、そのテーマを巡って大きな話題を巻き起こした本作は、デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし、内田裕也などの本業が俳優ではない個性的なキャスティングで原作者の日本軍俘虜収容所での体験を描いた、戦闘シーンが一切登場しない異色の“戦争”映画。俘虜となるジャック・セリアズ少佐を演じたデヴィッド・ボウイの美しさと存在感が随所で際立ち、坂本龍一扮するヨノイ大尉が次第にセリアズに惹かれていく様が描かれる。東洋と西洋の文化の対立と融合という複雑なテーマゆえに企画は難航し、製作費は膨らんだが、ビートたけしがラジオやテレビでネタにしたことで話題が独り歩きするなど、従来の映画プロモーションとは違う展開になったことも功を奏して、配給収入10億円の大ヒットにつながった。本作で初めて映画音楽を手掛けた坂本龍一によるテーマ曲「Merry Christmas, Mr.Lawrence」は映画史上屈指の名曲として今なお愛され続けている。2023年に大島渚作品が国立機関に収蔵される予定のため、今回が最後の大規模ロードショーとなる。
1942年戦時中のジャワ島、日本軍の俘虜収容所。収容所で起こった事件をきっかけに粗暴な日本軍軍曹ハラ(ビートたけし)と温厚なイギリス人捕虜ロレンス(トム・コンティ)が事件処理に奔走する。一方、ハラの上官で、規律を厳格に守る収容所所長で陸軍大尉のヨノイ(坂本龍一)はある日、収容所に連行されてきた反抗的で美しいイギリス人俘虜のセリアズ(デヴィッド・ボウイ)に心を奪われてしまう。クリスマスの日にハラは「ファーゼル・クリスマス」と叫んでロレンスとセリアズを釈放してしまう。それに激怒したヨノイは捕虜の全員を命じるのだが、周囲からの孤立を深める結果になり、葛藤に苦しむのだった。
(上映時間:123分 DCP上映)

このページのトップへ