• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

海辺の映画館
キネマの玉手箱

海辺の映画館-キネマの玉手箱、画像メイン
海辺の映画館-キネマの玉手箱、画像1
海辺の映画館-キネマの玉手箱、画像2
海辺の映画館-キネマの玉手箱、画像3
海辺の映画館-キネマの玉手箱、画像4

©2020「海辺の映画館―キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

10月17日(土)~10月19日(月)
(1)10:30~13:29 ※予告なし
10月22日(木)、10月23日(金)
(1)10:30~13:29 ※予告なし
10月24日(土)~10月26日(月)
(1)12:45~15:44 ※予告なし
10月29日(木)、10月30日(金)
(1)12:45~15:44 ※予告なし
※現在、週5営業となります
火曜日、水曜日は休館です
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
ご了承ください
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月10日~11月6日:スケジュールPDFファイルはこちら

大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに“キネマの玉手箱”!
物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく――メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。
また、本作の物語の核となる移動劇団「桜隊」の看板女優を、近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。生のエネルギーにあふれた、誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!
尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が、閉館を迎えた。 嵐の夜となった最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映。
上映がはじまると、映画を観ていた青年の毬男(厚木)、鳳介(細山田)、茂(細田)は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。
江戸時代から、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄……3人は、次第に自分たちが上映中の「戦争映画」の世界を旅していることに気づく。そして戦争の歴史の変遷に伴って、映画の技術もまた白黒サイレント、トーキーから総天然色へと進化し移り変わる。 3人は、映画の中で出会った、希子(吉田)、一美(成海)、和子(山崎)ら無垢なヒロインたちが、戦争の犠牲となっていく姿を目の当たりにしていく。
3人にとって映画は「虚構(嘘)の世界」だが、彼女たちにとっては「現実(真)の世界」。
彼らにも「戦争」が、リアルなものとして迫ってくる。 そして、舞台は原爆投下前夜の広島へ――。
そこで出会ったのは看板女優の園井惠子(常盤)が率いる移動劇団「桜隊」だった。
3人の青年は、「桜隊」を救うため運命を変えようと奔走するのだが……!?
(上映時間:179分 DCP上映)
pg12

このページのトップへ

もったいないキッチン

もったいないキッチン、画像メイン
もったいないキッチン、画像1
もったいないキッチン、画像2
もったいないキッチン、画像3

©UNITED PEOPLE ©Macky Kawana

10月17日(土)~10月19日(月)
(1)14:00~15:35 ※予告なし
10月22日(木)、10月23日(金)
(1)14:00~15:35 ※予告なし
10月24日(土)
(1)16:15~17:50 ※予告なし
10月25日(日)
(1)10:30~12:05 ※予告なし
10月26日(月)、10月29日(木)、10月30日(金)
(1)16:15~17:50 ※予告なし
※現在、週5営業となります
火曜日、水曜日は休館です
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
ご了承ください
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月10日~11月6日:スケジュールPDFファイルはこちら
塚本ニキさん(出演)舞台挨拶
1024日(土)16:15の回終了後
『もったいないキッチン』
sesame kitchenさんタイアップキャンペーン

“もったいない”。
元々は仏教思想に由来する言葉で、無駄をなくすということだけではなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉だ。そんな“もったいない”精神に魅せられ日本にやってきたのは、食材救出人で映画監督のダーヴィド・グロス。ところがもったいない精神を大切にして来た日本の食品ロスは、実は世界トップクラス。その量毎年643万トンで、国民一人あたり毎日おにぎり1個分。一家庭当たり年間6万円のまだ食べられる食べ物が捨てられている。ダーヴィドはコンビニや一般家庭に突撃し、捨てられてしまう食材を次々救出!キッチンカーで美味しい料理に変身させる“もったいないキッチン”を日本各地でオープンする。
福島から鹿児島まで4週間1600kmの旅。ダーヴィドと旅のパートナーニキを助けてくれるのは、もったいないアイデアを持つ日本のシェフや生産者たち。フレンチシェフがネギ坊主まで丸ごと使うもったいない料理、野山が“食材庫”という82歳で医者いらずのおばあちゃんが作る野草の天ぷら、0円エネルギー、自然の蒸気を使った蒸し料理など、もったいない精神に満ちたアイデアに出逢う。次第にダーヴィドは“もったいない”の先に、食品ロス解決のヒントだけではない、たくさんの幸せを見つけていく。さあ、2人と“もったいないキッチン”の旅に出かけよう!
(上映時間:95分 DCP上映)

このページのトップへ

タゴール・ソングス

タゴール・ソングス、画像メイン
タゴール・ソングス、画像1
タゴール・ソングス、画像2
タゴール・ソングス、画像3
タゴール・ソングス、画像4
タゴール・ソングス、画像5
タゴール・ソングス、画像6
タゴール・ソングス、画像7
タゴール・ソングス、画像8
タゴール・ソングス、画像9
タゴール・ソングス、画像10
タゴール・ソングス、画像11
10月17日(土)~10月19日(月)
(1)16:10~17:56 ※予告なし
10月22日(木)、10月23日(金)
(1)16:10~17:56 ※予告なし
10月24日(土)
(1)10:30~12:16 ※予告なし
10月25日(日)
(1)16:15~18:01 ※予告なし
10月26日(月)、10月29日(木)、10月30日(金)
(1)10:30~12:16 ※予告なし
※現在、週5営業となります
火曜日、水曜日は休館です
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
ご了承ください
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月10日~11月6日:スケジュールPDFファイルはこちら
※イベントは終了しました。ありがとうございました。
佐々木美佳監督初日舞台挨拶
1017日(土)16:10の回終了後
「アムリタअमृत
インドスパイスカレーとナンと」さん
タイアップキャンペーン
1017日(土)~1030日(金)

非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞したラビンドラナート・タゴール。イギリス植民地時代のインドを生きたこの大詩人は、詩だけでなく歌も作っており、その数は二千曲以上にものぼります。「タゴール・ソング」と総称されるその歌々はベンガルの自然、祈り、愛、喜び、悲しみなどを主題とし、ベンガル人の生活を彩りました。そしてタゴール・ソングは100年以上の時を超えた今もなお、ベンガルの人々に深く愛されています。なぜベンガル人はタゴールの歌にこれほど心を惹かれるのでしょうか。歌が生きるインド、バングラデシュの地を旅しながらその魅力を掘り起こすドキュメンタリー。
監督は佐々木美佳。若干26歳、ドキュメンタリーの制作自体が今回初めての佐々木監督は、ドキュメンタリーの制作自体が今回初めての佐々木監督は、東京外国語大学在学中にベンガル文学に魅了され、その文化を知ってゆく過程でタゴール・ソングと出会いました。アカデミックなアプローチとは全く異なるドキュメンタリーという手法によって、過去と現在、さまざまな人々を繋ぐ“歌”の真の姿に迫る重層的な作品に完成させました。
日本人にとってはるか遠いベンガル地方で生まれた歌なのにも関わらず、タゴール・ソングは懐かしくも新鮮に心に響きます。唱歌や演歌のようなクラシックでスタンダードな歌でありつつ、瀧廉太郎の抒情性、宮沢賢治の荘厳さ、中島みゆきの気高さ、ブルーハーツの激情を併せ持ったような、国境や民族を越えて、今を生きる全ての人々に伝わる普遍性を持つ歌なのです。
(上映時間:105分 DCP上映)

このページのトップへ