• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning
『草原の河』
草原の河
草原の河
草原の河
草原の河
草原の河

©GARUDA FILM

(1)10:3012:13 ※予告5分程
(2)15:3017:13 ※予告5分程

8月26日~9月22日:スケジュールPDFファイルはこちら

『草原の河』

2015年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門でのワールド・プレミアを皮切りに、数々の国際映画祭で上映されて高い評価を受けた本作。上海国際映画祭では主演の少女を演じるヤンチェン・ラモ(撮影開始時6歳)がアジア新人賞・最優秀女優賞を最年少で受賞し、話題を呼んだ。また東京国際映画祭では『河』という原題でワールド・フォーカス部門にて上映され、公開が熱望されていた作品である。
海抜3000メートルを超えるチベット高原で半農半牧の暮らしを営む一家を主人公にした本作は、父親へのわだかまりをいまだ捨てきれない男グルと、その幼い娘ヤンチェン・ラモがやがて生まれてくる赤ん坊に対して抱く葛藤とを重ね合わせて描く。素人の俳優を使いながら、それぞれの心のうちを見事に描ききったソンタルジャ監督の演出力は卓越している。わけても6歳の少女ヤンチェン・ラモと子羊ジャチャの名演は観客を驚かせるだろう。
(上映時間:98分 DCP上映)

このページのトップへ
『光』
光
光
光
光

©2017  “RADIANCE”  FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

9月16日(土)
(1)13:0014:47 ※予告5分程
(2)17:3019:17 ※予告5分程

9月17日(日)~9月22日(金)※火曜日定休
(1)13:0014:47 ※予告5分程

8月26日~9月22日:スケジュールPDFファイルはこちら
※イベントは終了しました。ありがとうございました。
小山田早苗さん(ディスクライバー※)トークイベント決定!
※音声ガイド台本ライター
93日(日)10:30の回終了後

『光』

生きることの意味を問いかけ、カンヌ国際映画祭他、世界中から大絶賛をされた『あん』。河瀨監督と永瀬正敏のダッグが、ヒロインに水崎綾女をむかえて次に届けるのは、人生で多くのものを失っても、大切な誰かと一緒なら、きっと前を向けると信じさせてくれるラブストーリー。
単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が過去に撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼の葛藤を見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめるー。
(上映時間:102分 DCP上映)

このページのトップへ