• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning

映画きかんしゃトーマス
とびだせ!友情の大冒険

映画きかんしゃトーマスとびだせ!友情の大冒険
映画きかんしゃトーマスとびだせ!友情の大冒険

© 2017 Gullane (Thomas) Limited.

9月15日(土)~9月21日(金)
(1)10:30~11:47 ※予告5分

9月08日~10月05日:スケジュールPDFファイルはこちら
中学生以下のお客さまに、
「トーマストミカのカラフル貨車(非売品)」をプレゼント!

どうしてもやりたい仕事をほかの機関車に取られたくなかったトーマスは、ソドー島からメインランドに出発します。はじめて見る景色にワクワクするトーマスでしたが、迷い込んでしまった森の中で、これまで見たことのない実験用機関車のレキシー、セオ、マーリンとであいます。彼らと友だちになったトーマスが旅をつづけていると、とある製鉄所にたどり着つきました。そこで働くディーゼル機関車のフランキーと蒸気機関車のハリケーンは、トーマスを製鉄所で働かせようと、帰ろうとするトーマスの邪魔をします。トーマスは困りましたが、彼らが寝ているうちになんとか脱出することに成功。そのころ、戻ってこないトーマスを心配したソドー島のなかまたちを代表して、ジェームスがメインランドへトーマスを探さがしに旅だちます。製鉄所にはたどり着きましたが、今度はなんとジェームスがそこで働らかされてしまうことに…。それを知しったトーマスは、実験用機関車たちに協力してもらってジェームスを助けることにします。
はたして、トーマスと新しいなかまたちは、無事に危機を乗り越えることができるでしょうか?
(上映時間:77分 DCP上映)

このページのトップへ

1987、ある闘いの真実

1987、ある闘いの真実
1987、ある闘いの真実
1987、ある闘いの真実
1987、ある闘いの真実

© 2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

9月15日(土)
(1)12:30~14:44 ※予告5分
(2)17:15~19:24 ※予告なし、お早めに劇場に起こしください
9月16日(日)~9月21日(金) ※火曜定休
(1)12:30~14:44 ※予告5分
9月22日(土)~9月28日(金) ※火曜定休
(1)10:30~12:44 ※予告5分
(2)15:00~17:14 ※予告5分

9月08日~10月05日:スケジュールPDFファイルはこちら

全ての始まりは1人の青年の”不可解な死”だった。警察に連行されたソウル大学の学生が取調中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、裏情報をつかんだ新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。
この頃の韓国では元軍人のチョン・ドゥファン大統領が、軍事政権という名の巨大なハンマーで国民の真の自由と平和を叩き潰し続けていた。我慢も限界に達した人々から民主化を求める声が沸き起こり、正義と希望に燃える学生たちも立ち上がり始める。そんななか平和な明日を夢見る純粋な願いを握りつぶした上に、ことの真相を隠し通そうとした政府に国民の怒りが爆発する。だが相手は韓国史上でも屈指の絶対権力だ。なぜ、ごく普通に働く人々や政治に関心のなかった学生までもが最後まで諦めずに戦うことができたのか――?
歴史にはある一定の時を経なければ、語ることのできない事実や裏の物語がある。遂に明かされ始めた〈韓国民主化闘争〉の全貌に迫る衝撃の実話が完成した。
(上映時間:129分 DCP上映)

このページのトップへ

女と男の観覧車

女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車
女と男の観覧車

© 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

9月15日(土)~9月21日(金) ※火曜定休
(1)15:00~16:46 ※予告5分
9月22日(土)
(1)13:00~14:46 ※予告5分
(2)18:00~19:41 ※予告なし、お早めに劇場に起こしください
9月23日(日)~9月28日(金) ※火曜定休
(1)13:00~14:46 ※予告5分

9月08日~10月05日:スケジュールPDFファイルはこちら

『ミッドナイト・イン・パリ』では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督。最新作の舞台は1950年代、NY・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない――。夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、名匠ウディ・アレン監督の恐るべき野心作が誕生した。

遊園地のレストランでウェイトレスとして働くジニー(ケイト・ウィンスレット)は、かつては女優として舞台に立っていたが、今は、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ(ジム・ベルーシ)、そして自身の連れ子のリッチー(ジャック・ゴア)と観覧車の見える部屋で暮らしている。実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指す彼との未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていた夫の娘、キャロライナ(ジュノー・テンプル)が現れたことから、すべてが狂い始める――。
(上映時間:101分 DCP上映)

このページのトップへ