• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
上映作品screning

ダンガル
きっと、つよくなる

ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる
ダンガル きっと、つよくなる

©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

7月21日(土)~7月27日(金)  ※火曜定休
(1)10:3012:55  ※予告5分
(2)16:0018:25  ※予告5分
7月28日(土)~8月3日(金)  ※火曜定休
(1)10:3012:55  ※予告5分
(2)13:2015:45  ※予告5分

7月14日~8月12日:スケジュールPDFファイルはこちら
※イベントは終了しました。ありがとうございました。
ライブ音声ガイド付き上映
721日(土)10:30の回
ガイド:檀 鼓太郎さん(バリアフリー活弁士)
※ガイドご利用の方はFMラジオとイヤホンをご持参ください。
※ガイド不要の方も通常と同じようにご覧いただけます。
※盲導犬のご入場もできます。

誰よりもレスリングを愛し、インドの国内チャンピオンにまで上りつめたが、生活のために引退したマハヴィル(アーミル・カーン)。母国に初の金メダルをもたらす夢は、まだ見ぬ息子に託した。ところが、待望の第一子は女の子。町の人々から伝授された“男の子を作る方法”を全て試しても、2人目も3人目も……なんと4人目も女の子。やむなくマハヴィルは夢を諦める。
それから十数年後、長女ギータと次女バビータが、悪口を言う男の子をボコボコにし、マハヴィルは2人を叱るどころか歓喜する。娘たちの格闘DNAを信じたマハヴィルは、止める妻を試しに1年間と説得する。
男物のTシャツと短パン姿で走らされ、お菓子もスパイス料理も禁止、ゲームやお出かけもなし。毎朝5時からの厳しい肉体改造が始まった。だが、女の子がレスリングなんてあり得ないと、一家はたちまち町の笑い者に。レスリング場の使用も断られ、マハヴィルは土のリングを作り、甥のオムカルに娘たちの練習相手をさせる。
体力も気力も限界に達したギータとバビータは父親にやめさせてと懇願するが、許されるどころか髪を短く刈り込まれてしまう。ある夜、父に内緒で友達の結婚パーティに出掛けると、すぐにバレて激怒される。「あんな父親、要らない」と涙ぐむ姉妹に、意外にも花嫁が「いい父親よ」と諭す。幼い娘に家事を押し付け、14歳になったら顔も知らない男に嫁に出す自分の親と違って、マハヴィルは娘の未来のためを想っているというのだ。
(上映時間:140分 DCP上映)

このページのトップへ

素敵な
ダイナマイト
スキャンダル

素敵なダイナマイトスキャンダル

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会

7月21日(土)~7月27日(金)  ※火曜定休
(1) 13:1515:38  ※予告5分

6月30日~7月27日:スケジュールPDFファイルはこちら

母親が隣家の若い男とダイナマイト心中! という、まるで噓のような実体験をもつ稀代の雑誌編集者・末井昭が綴り、1982年に刊行されて以来、時代を超え、さまざまな出版社から文庫化され、版を重ねている自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が、ついに映画化された。
バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年が、7歳にして母親の衝撃的な死に触れる。山中で隣家のひとり息子と抱き合いダイナマイトに着火&大爆発!!心中したのだ──。父親と弟と自分を残して……。
キャバレーの看板描き、イラストレーターを経て、小さなエロ雑誌の出版社へ。編集長として新感覚のエロ雑誌、立て!男のエキサイトマガジン「NEW self」を創刊。読者の好奇心と性欲をかきたてるべく奮闘する日々のなかで荒木経惟に出会い、さらに末井のもとには南伸坊、赤瀬川原平、嵐山光三郎、田中小実昌、秋山祐徳太子、平岡正明ら、錚々たる表現者たちが参集する。
(上映時間:138分 DCP上映)

このページのトップへ