• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
  • 仮設の映画館
上映作品screning
仮設の映画館

川越スカラ座で上映予定の一部の作品は「仮設の映画館」でご鑑賞いただけます。
仮設の映画館とは?
新型コロナウイルスの脅威によって停滞している「映画の経済」を回復させるための試みの一つです。 インターネット上につくられた「仮設の映画館」で新作映画をご鑑賞できます。どの映画館でご鑑賞するかを選択していただくと、鑑賞料金はその映画館に分配される仕組みとなっています。
川越スカラ座が休館の間は「仮設の映画館」からご鑑賞ください。

スタッフがわかりやすくまとめてくれた
「まんが仮設の映画館ってなーに?」

ぜひご覧ください!
まんが仮設の映画館ってなーに?

タゴール・ソングス

タゴール・ソングス、画像メイン
タゴール・ソングス、画像1
タゴール・ソングス、画像2
タゴール・ソングス、画像3
タゴール・ソングス、画像4
タゴール・ソングス、画像5
タゴール・ソングス、画像6
タゴール・ソングス、画像7
タゴール・ソングス、画像8
タゴール・ソングス、画像9
タゴール・ソングス、画像10
タゴール・ソングス、画像11
仮設の映画館公式HP
http://www.temporary-cinema.jp/
仮設の映画館『タゴール・ソングス』
2020年5月12日(火)10:00-終了日未定
http://tagore-songs.com/temporary-cinema.html

非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞したラビンドラナート・タゴール。イギリス植民地時代のインドを生きたこの大詩人は、詩だけでなく歌も作っており、その数は二千曲以上にものぼります。「タゴール・ソング」と総称されるその歌々はベンガルの自然、祈り、愛、喜び、悲しみなどを主題とし、ベンガル人の生活を彩りました。そしてタゴール・ソングは100年以上の時を超えた今もなお、ベンガルの人々に深く愛されています。なぜベンガル人はタゴールの歌にこれほど心を惹かれるのでしょうか。歌が生きるインド、バングラデシュの地を旅しながらその魅力を掘り起こすドキュメンタリー。
監督は佐々木美佳。若干26歳、ドキュメンタリーの制作自体が今回初めての佐々木監督は、ドキュメンタリーの制作自体が今回初めての佐々木監督は、東京外国語大学在学中にベンガル文学に魅了され、その文化を知ってゆく過程でタゴール・ソングと出会いました。アカデミックなアプローチとは全く異なるドキュメンタリーという手法によって、過去と現在、さまざまな人々を繋ぐ“歌”の真の姿に迫る重層的な作品に完成させました。 日本人にとってはるか遠いベンガル地方で生まれた歌なのにも関わらず、タゴール・ソングは懐かしくも新鮮に心に響きます。唱歌や演歌のようなクラシックでスタンダードな歌でありつつ、瀧廉太郎の抒情性、宮沢賢治の荘厳さ、中島みゆきの気高さ、ブルーハーツの激情を併せ持ったような、国境や民族を越えて、今を生きる全ての人々に伝わる普遍性を持つ歌なのです。
(上映時間:105分 DCP上映)

このページのトップへ

プリズン・サークル

プリズン・サークル、画像メイン
プリズン・サークル、画像1
プリズン・サークル、画像2
プリズン・サークル、画像3
プリズン・サークル、画像4
プリズン・サークル、画像5
プリズン・サークル、画像6
プリズン・サークル、画像7
プリズン・サークル、画像8
プリズン・サークル、画像9
仮設の映画館公式HP
http://www.temporary-cinema.jp/
仮設の映画館『プリズン・サークル』
2020年5月16日(土)10:00-7月10日(金)18:00
http://www.temporary-cinema.jp/prison-circle/

「島根あさひ社会復帰促進センター」は、官民協働の新しい刑務所。警備や職業訓練などを民間が担い、ドアの施錠や食事の搬送は自動化され、ICタグとCCTVカメラが受刑者を監視する。しかし、その真の新しさは、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを日本で唯一導入している点にある。なぜ自分は今ここにいるのか、いかにして償うのか? 彼らが向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく…。
監督は、『ライファーズ 終身刑を超えて』『トークバック 沈黙を破る女たち』など、米国の受刑者を取材し続けてきた坂上香。日本初となる刑務所内の長期撮影には、大きな壁が立ちはだかった。取材許可が降りるまでに要した時間は、実に6年。この塀の中のプログラムに2年間密着したカメラは、窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死などで服役する4人の若者たちが、新たな価値観や生き方を身につけていく姿を克明に描き出していく。
(上映時間:136分 DCP上映)

このページのトップへ