• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

きこえなかったあの日

きこえなかったあの日、画像メイン
きこえなかったあの日、画像1
きこえなかったあの日、画像2
きこえなかったあの日、画像3
きこえなかったあの日、画像4
きこえなかったあの日、画像5
きこえなかったあの日、画像6
10月17日(日)~10月29日(金) ※火、水曜日休館
(1)10:30~12:31 ※予告5分
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月9日~11月5日:スケジュールPDFファイルはこちら
初日舞台挨拶決定
1016日(土)15:40の回上映後
ゲスト:今村彩子監督
詳細はイベントブログ『きこえなかったあの日』初日舞台挨拶をご覧ください。

東日本大震災直後に宮城を訪れた今村彩子監督が抱いたのは「耳のきこえない人たちが置かれている状況を知ってほしい」という痛切な思いだった。あれから10年---。手話言語条例の制定が進み、知事の会見に手話通訳がついたり、一部の市町村では役所や公共施設に手話通訳が配置されたりするようになった。日本各地で起こった様々な災害現場でも、手話で会話ができる福祉避難所や、絵や文字による情報保障、そして、ろう・難聴者による災害ボランティアなど、これまで見られなかった新しい動きが生まれていた。2013年に『架け橋 きこえなかった3.11』を発表した今村監督は、現在も宮城に通い、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行といった困難の渦中にいる耳のきこえない人たちの姿を記録し続けている。みんなが安心して暮らせるその日まで---。今村監督がみつめた、耳のきこえない人たちと災害、その10年の記録。
(上映時間:116分 )

このページのトップへ

アメリカン・ユートピア

アメリカン・ユートピア、画像メイン
アメリカン・ユートピア、画像1
アメリカン・ユートピア、画像2
アメリカン・ユートピア、画像3

©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS

10月17日(日)~10月29日(金) ※火、水曜日休館
(1)13:00~14:52 ※予告5分
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月9日~11月5日:スケジュールPDFファイルはこちら

映画の原案となったのは、2018年に発表されたアルバム「アメリカン・ユートピア」。この作品のワールドツアー後、2019年秋にスタートしたブロードウェイのショーが大評判となった。2020年世界的コロナ禍のため再演を熱望されながら幻となった伝説のショーはグレーの揃いのスーツに裸足、配線をなくし、自由自在にミュージシャンが動き回る、極限までシンプルでワイルドな舞台構成。マーチングバンド形式による圧倒的な演奏とダンス・パフォーマンス――元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンと11人の仲間たちが、驚きのチームワークで混迷と分断の時代に悩む現代人を”ユートピア”へと誘う。
この喜びと幸福に満ちたステージを、『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞し、常に問題作を作り続ける鬼才・スパイク・リーが完全映画化。80年代の傑作『ストップ・メイキング・センス』から36年。アメリカ全土を巻き込んだ熱狂が今、日本に緊急上陸!かつて誰も見たことのない、全く新しいライヴ映画が誕生した。 これは、更なる進化を続けるデイヴィッド・バーンからの、迷える今を生きる私たちの意識を揺さぶる物語であり、熱烈な人生賛歌である。
(上映時間:107分 )

このページのトップへ

クー!キン・ザ・ザ

クー!キン・ザ・ザ、画像メイン
クー!キン・ザ・ザ、画像1
クー!キン・ザ・ザ、画像2
クー!キン・ザ・ザ、画像3
クー!キン・ザ・ザ、画像4
クー!キン・ザ・ザ、画像5
クー!キン・ザ・ザ、画像6
クー!キン・ザ・ザ、画像7
クー!キン・ザ・ザ、画像8
クー!キン・ザ・ザ、画像9
クー!キン・ザ・ザ、画像10

© CTB Film Company, Ugra-Film Company, PKTRM Rhythm

10月23日(土)~10月29日(金) ※火、水曜日休館
(1)15:20~16:52 ※予告5分
※一週間限定上映
※イベント日以外は当日券のみ、ご予約不可となっております
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」

10月9日~11月5日:スケジュールPDFファイルはこちら

カルトSF映画の傑作として世界中で多くのファンを生んだ、実写版『不思議惑星キン・ザ・ザ』をゲオルギー・ダネリヤ監督自ら、アニメ化したのが本作だ。社会主義体制の真っ只中で制作された実写版を、レトロ感溢れながらSFタッチの未来を感じさせるアニメで再構築した。“キン・ザ・ザ”界を象徴する釣鐘型宇宙船の浮遊感は、ゲオルギー監督が実写版では再現できなかったアニメならではの珍妙なリアルさを描き出している。
実写版は当時のソ連の政治体制を皮肉めいた視点で描いたと評されたが、『クー!キン・ザ・ザ』は、大きな変革の波にあった現代のロシアを戯画化して風刺する。ゲオルギー・ダネリヤ監督は本作の完成後、2019年に88歳で逝去し、遺作となった。
著名なチェリストのチジョフとDJ志望の青年トリクは、雪に覆われたモスクワの大通りでパジャマ姿の裸足の宇宙人と遭遇する。そして思いがけずキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクにワープしてしまう。
そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。ほとんど「クー!」(名詞・形容詞・副詞・感嘆詞など)しか言葉が存在しない異星人たちを相手に地球に帰ろうと2人は奮闘を始めるのだった。
(上映時間:90分 )

このページのトップへ