• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
  • 賛助会員募集
  • 有料メールマガジン
  • グッズ販売toSUZURI
  • LINEスタンプ
上映作品screning

生きろ 島田叡
ー戦中最後の沖縄県知事

生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像メイン
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像1
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像2
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像3
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像4
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像5
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像6
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像7
生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事、画像8

©2021 映画『生きろ 島田叡』製作委員会

8月13日(土)
(1)10:30~12:33 ※予告5分
8月14日(日)
(1)15:00~17:03 ※予告5分
8月15日(月)
(1)10:30~12:33 ※予告5分
8月18日(木)~8月26日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)10:30~12:33 ※予告5分
※本作の前売券はご使用いただけます
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月30日~8月26日:スケジュールPDFファイルはこちら
舞台挨拶決定
814日(日) 15:00の回上映後
ゲスト:佐古忠彦監督
詳細はイベントブログ『生きろ 島田叡ー戦中最後の沖縄県知事』舞台挨拶をご覧ください。

アジア太平洋戦争末期。すでに日本軍の敗色濃厚だった1945年1月31日、一人の男が沖縄の地を踏んだ。戦中最後の沖縄県知事・島田叡(しまだ・あきら)である。前年の10月10日、米軍による大空襲によって那覇は壊滅的な打撃を受け、行政は麻痺状態に陥っていた。そんな中、内務省は新たな沖縄県知事として大阪府の内政部長、島田叡に白羽の矢を立てた。辞令を受けた島田は、家族を大阪に残し、ひとり那覇の飛行場に降り立ったのである。
知事就任と同時に、島田は大規模な疎開促進、食料不足解消のため自ら台湾に飛び、大量のコメを確保するなど、さまざまな施策を断行。米軍が沖縄本島に上陸した後は、壕(自然洞窟)を移動しながら行政を続けた。だが、戦況の悪化に伴い、大勢の県民が戦闘に巻き込まれ、日々命を落としていく。また、島田自身も理不尽極まりない軍部からの要求と、行政官としての住民第一主義という信念の板挟みになって苦渋の選択を迫られる―。
戦時下の教育により、捕虜になるよりも自決や玉砕こそが美徳とされた時代、島田はしかしそれに反し、周りの人々に何としても「生きろ」と言い続けていた。その考え方はどのように育まれてきたのか?
沖縄戦を生き延びた住民、軍や県の関係者、その遺族らへの取材を通じ、これまで多くを語られることのなかった島田叡という人物の生涯と、語り継ぐべき沖縄戦の全貌に迫ったこの長編ドキュメンタリーは、『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』2部作で沖縄戦後史に切り込んだ佐古忠彦監督が、牛島満・第32軍司令官から島田にあてた手紙など、新たに発掘された資料も交え、沖縄の知られざる戦中史に迫った野心作だ。
語りは、山根基世、津嘉山正種、そして佐々木蔵之介が島田叡の語りを担当。小椋佳の主題歌『生きろ』はオリジナルで作られ、自身のラストアルバム「もういいかい」にも収められている。
権力者への忖度(そんたく)、資料の改竄(かいざん)や隠蔽(いんぺい)が常態化し、政治不信が蔓延する21世紀・令和の時代に生きる私たち日本人の眼に、後に「官僚の鑑」(かがみ)、「本当に民主的な人」と讃えられた島田叡という人物の生き方はどのように映るだろうか。
(上映時間:118分 )

このページのトップへ

愛なのに

愛なのに、画像メイン
愛なのに、画像1
愛なのに、画像2
愛なのに、画像3

©2021『愛なのに』フィルムパートナーズ

8月13日(土)
(1)13:10~15:02 ※予告5分
8月14日(日)
(1)10:30~12:22 ※予告5分
8月18日(木)~8月26日(金)※火曜日、水曜日定休
(1)13:10~15:02 ※予告5分
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月30日~8月26日:スケジュールPDFファイルはこちら
舞台挨拶決定
821日(日) 13:10の回上映後
ゲスト:中島歩城定秀夫監督
詳細はイベントブログ『愛なのに』『猫は逃げた』舞台挨拶をご覧ください。

監督:城定秀夫×脚本:今泉力哉 --- による本作は、古本屋の店主と、店主に求婚する女子高生、店主の憧れの女性とその夫など、一方通行の恋愛が交差し 二転三転する先の読めないラブコメディ。古本屋店主・多田浩司を演じるのは、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍中の 瀬戸康史。多田の憧れの女性・一花(いっか)役は、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のドラマーで、最近は女優としても 活動の幅を広げるさとうほなみ。多田に突然求婚する女子高生・岬役に、話題作への出演が相次ぐ河合優実ほか、 中島歩、向里祐香、丈太郎が集結。不器用ながらもまっすぐに思いを伝える人たちの切実さとおかしみが、城定・今泉 両監督の持ち味とも言える優しさとユーモアを携えた視点ですくいとられていく。
古本屋の店主・多田(瀬戸康史)は、昔のバイト仲間、一花(さとうほなみ)のことが忘れられない。その古本屋には、女子高生・岬(河合優実)が通い、多田に一途に求婚してくる。一方、亮介(中島歩)と婚約中の一花。結婚式の準備に追われる彼女は、亮介とウェディング ・プランナーの美樹(向里祐香)が男女の関係になっていることを知らずにいて...。
(上映時間:107分 )
R15+

このページのトップへ

猫は逃げた

猫は逃げた、画像メイン
猫は逃げた、画像1
猫は逃げた、画像2
猫は逃げた、画像3

©2021『猫は逃げた』フィルムパートナーズ

8月13日(土)
(1)15:30~17:24 ※予告5分
8月14日(日)
(1)12:50~14:44 ※予告5分
8月18日(木)、8月19日(金)、8月20日(土)
(1)15:30~17:24 ※予告5分
8月21日(日)
(1)16:00~17:54 ※予告5分
8月22日(月)、8月25日(木)、8月26日(金)
(1)15:30~17:24 ※予告5分
※予約不可、当日券のみ(イベント時は予約を受け付ける場合あり)
※ご来館の際はこちらをご一読ください
「ご来館時のお願い」
7月30日~8月26日:スケジュールPDFファイルはこちら
舞台挨拶決定
821日(日) 16:00の回上映後
ゲスト:山本奈衣瑠城定秀夫監督(本作脚本)
詳細はイベントブログ『愛なのに』『猫は逃げた』舞台挨拶をご覧ください。

監督:今泉力哉×脚本:城定秀夫による本作は、飼い猫“カンタ”をどちらが引き取るかで揉める離婚直前の夫婦とそれぞれの 恋人の物語。レディコ漫画家の町田亜子を演じるのは、モデルとして活動する傍ら、アート展のキュレーターなども務め る山本奈衣瑠。亜子と離婚寸前の夫で、週刊誌記者の広重役には、主演映画『ケンとカズ』(16)で数々の新人俳優賞を受賞以降、 映画やドラマに活躍する若手実力派・毎熊克哉。広重の同僚で、浮気相手でもある真実子役には、2022年に『よだかの片想い』 など公開作が待機中の新星・手島優。亜子と関係を持っている雑誌編集者の松山役には、作品ごとに独特の存在感を残す若 き演技派、井之脇海。そのほか、映画初出演となるオズワルド・伊藤俊介や今泉組常連の芹澤興人などが脇を固める。 片想いでも、両想いでも、夫婦でも、恋人でも一。巧妙にツイストする城定脚本と今泉監督ならではの緻密な演出が紡ぎ出す、 迷える4人の男女と1匹の猫の物語。
漫画家・町田亜子(山本奈衣瑠)と週刊誌記者の広重(毎熊克哉)は離婚間近の夫婦。広重は同僚の真実子(手島実優)と浮気中で、亜子は編集者の松山(井之脇海)と体の関係を持ち、夫婦関係は冷え切っていた。2人は飼い猫カンタをどちらが引き取るかで揉めていた が、その矢先、カンタが家からいなくなってしまい...。
(上映時間:109分 )
R15+

このページのトップへ