川越の映画館なら

次回以降の上映作品
川越スカラ座の情報 上映中の映画 次回以降の上映作品 川越スカラ座 イベント情報
スカラジャニッキ

川越スカラ座

*
角川映画祭
4月29日(土)〜5月12日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映作品
『犬神家の一族』
『人間の証明』
『野性の証明』
『蘇える金狼』
『野獣死すべし』
『セーラー服と機関銃』
『汚れた英雄』
『時をかける少女』
『里見八犬伝』
『Wの悲劇』
※クリックで拡大します
※全て予告がございませんので、お早めに劇場にお越しください
<作品紹介>
常識破りの戦略で一大ブームを巻き起こした角川映画――時代に挑戦状を突きつけた、パワー溢れる作品をアンコール上映!

リピーター割
当館での角川映画祭上映作品の有料半券を窓口提示で、同映画祭の他作品を 1,000円でご鑑賞できます(他割引との併用不可)
犬神家割
金田一耕助もしくはスケキヨのコスプレでご来館の方は、『犬神家の一族』を1,000円でご鑑賞できます(他割引との併用不可)
詳しくはイベントブログ角川映画祭「犬神家割」「リピーター割」実施のお知らせを御覧ください

PRボランティア コスプレイヤーさん募集
募集期限4月16日まで
詳しくはイベントブログ角川映画祭 PRボランティア コスプレイヤーさん募集を御覧ください
  ページTOPへ
*
幸せなひとりぼっち
5月13日(土)〜5月26日(金)
毎週火曜日定休
_ 5月13日(土)〜5月19日(金)※火曜日定休
@
10:30〜12:31 ※予告5分程
A
15:30〜17:31 ※予告5分程
_ 5月20日(土)
@
12:50〜14:51 ※予告5分程
A
15:30〜17:31 ※予告5分程
B
18:00〜20:01 ※予告5分程
_ 5月21日(日)〜5月26日(金)※火曜日定休
@
12:50〜14:51 ※予告5分程
A
15:30〜17:31 ※予告5分程
<作品紹介>
希望を見出せなくなった頑固な老人が、新しい隣人を迎えいれることで再び生きる希望に恵まれ、自分の人生を見つめ直していく姿をユーモラスかつ詩情たっぷりに描くヒューマンドラマ。
愛する妻を亡くした孤独な中年男オーヴェ。近所には規律に厳しい人間として知られていた。年齢を重ねてからは気難しさに拍車がかかり、いつしか鼻つまみ者でしかない厄介なおじさんと化していた。
オーヴェは鉄道局職員としての仕事を全うしてきたが、突如クビを宣告されてしまう。家に帰れば、今は亡き妻の面影が脳裏をよぎる。孤独に耐え切れなくなった彼は、首つり自殺を図る。ところがその時、向かいに引っ越してきたパルヴァネ一家の騒がしい声がオーヴェの耳に飛び込んでくる。一家の車がオーヴェの家の郵便受けにぶつかってしまい、自殺どころではなくなってしまったのだ。
翌日、迷惑をかけたと思ったパルヴァネが、お詫びのペルシャ料理を届けに来る。この美味しい手料理をきっかけに、思いがけない友情が芽生えていく。近所同士のあたたかい交流に心を溶きほぐされていくオーヴェ。やがて彼は妻・ソーニャとの出会い、そして、妻と自分の人生を一変させたある出来事について語り始めたのだった…。
(上映時間:116分 DCP上映)

RAG CAFEさんとタイアップ決定
詳しくはイベントブログ『幸せなひとりぼっち』RAG CAFEさんとタイアップのお知らせを御覧ください
  ページTOPへ
*
ソング・オブ・ラホール
5月13日(土)〜5月26日(金)
毎週火曜日定休
_ 5月13日(土)
@
13:00〜14:27 ※予告5分程
A
18:00〜19:27 ※予告5分程
_ 5月14日(日)〜5月19日(金)※火曜日定休
@
13:00〜14:27 ※予告5分程
_ 5月20日(土)〜5月26日(金)※火曜日定休
@
10:30〜11:57 ※予告5分程
<作品紹介>
「全世界に知ってほしい。パキスタン人は芸術家でテロリストじゃないことを」 豊かな歴史を持つパキスタンの都市ラホール。過激なイスラーム原理主義の影響で音楽文化は衰退し、伝統音楽家たちは転職を余儀なくされた。このままでは優れたパキスタン音楽が消えてしまう!危機感をつのらせた彼らは再起をかけて畑違いのジャズに挑戦し世界に打って出た!
彼らはシタールやタブラなどの古典楽器を用いた、世界で類を見ないジャズのスタンダードナンバーを生み出し、伝統音楽の底力を見せつけるとともに、インターネットを駆使し世界に打って出たのだ。名曲「テイク・ファイヴ」をカバーしたプロモーションビデオを動画サイトに投稿したところ、世界中でセンセーションを巻き起こし、100万以上のアクセスを記録した。
さらにその映像をイギリスBBCが取り上げたことをきっかけに、ウィントン・マルサリスが、世界最高峰のビッグバンドと共演させるべく、彼らをニューヨークへと招待することとなる。
故郷ラホールからニューヨークへ…。パキスタンで文化が縮小し続けるなか、居場所を失った音楽職人たちと彼らの音楽”ラホール・ジャズ”の本当の旅がはじまる。
(上映時間:82分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『グリーンルーム』
5月27日(土)〜6月9日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
その扉を開ければ死が待っている――。全米No.1ヒット!理不尽に囚われた楽屋からの決死の脱出劇!!アントン・イェルチン、イモージェン・プーツ、パトリック・スチュワート出演、鬼才ジェレミー・ソルニエ監督最新作。
売れないパンクバンドがようやくライブ出演の機会を獲得したのはオレゴン州の片隅にあるライブハウス。そこはネオナチが集まる巣窟だった。殺伐とした空気が流れる中、挑発的な曲を演奏。どうにか出番を終えるが、バックステージで偶然殺人現場に出くわしてしまう。ライブハウスのオーナーは目撃者を全員消すよう部下に命じ、メンバーたちはネオナチ集団に命を狙われる羽目に。メンバーたちは楽屋にこもり、数でも装備でもかなわないネオナチ集団に立ち向かっていくが……。
(上映時間:95分 DCP上映)
[PG12]
  ページTOPへ
*
『たかが世界の終わり』
5月27日(土)〜6月9日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。母のマルティーヌは息子の好きだった料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ、彼の妻のカトリーヌはルイとは初対面だ。オードブルにメインと、まるでルイが何かを告白するのを恐れるかのように、ひたすら続く意味のない会話。戸惑いながらも、デザートの頃には打ち明けようと決意するルイ。だが、過熱していく兄の激しい言葉が頂点に達した時、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる――――。
(上映時間:99分 DCP上映)
[PG12]
  ページTOPへ
*
『レ・ミゼラブル』
6月3日(土)〜6月9日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化。『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが監督を務め、貧しさからパンを盗み19年も投獄された男ジャン・バルジャンの波乱に満ちた生涯を描く。主演は、『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマン。彼を追う警官にオスカー俳優のラッセル・クロウがふんするほか、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドら豪華キャストが勢ぞろいする。
(上映時間: 158分 予告なし DCP上映)

みんなで歌おう!合唱上映!
6月3日(土)
日本語でも英語でも、気分良く声が出せればOK!
みんなで自由に楽しく歌いましょう!!
※歌詞はスクリーンに出ません
※歌詞の配布もしません(持ち込みはOK)

詳しくはイベントブログ『レ・ミゼラブル』合唱上映のお知らせを御覧ください
  ページTOPへ
*
『わたしは、ダニエル・ブレイク』
6月10日(土)〜6月23日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
複雑な制度に翻弄され、人としての尊厳を踏みにじられ貧困に苦しみながらも、助け合い生きていこうとするダニエルとケイティ親子との心の交流が世界中を感動と涙で包み込み、カンヌ国際映画祭では、見事、『麦の穂をゆらす風』に続く2度目のパルムドールを受賞した。労働者や社会的弱者に寄り添い、彼らを取り巻く厳しい現実と、それでも今日を懸命に生きようとする人間たちを描き続けてきたケン・ローチ監督の集大成であり最高傑作との声が相次いでいる。
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。
(上映時間:100分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『僕とカミンスキーの旅』
6月10日(土)〜6月23日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
東西ドイツ統合という歴史的な一大事を背景に、社会の激変に翻弄される庶民の姿を哀歓豊かに紡ぎ上げた『グッバイ、レーニン!』。主人公アレックスを好演した主演俳優ダニエル・ブリュールが『グッバイ、レーニン!』のヴォルフガング・ベッカー監督と12年ぶりに組んだ『僕とカミンスキーの旅』は、世代も境遇もまったく異なる31歳の青年と85歳の老人が織りなす奇想天外なロードムービーだ。
31歳の無名の美術評論家ゼバスティアン(ダニエル・ブリュール)は金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立ち、スイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキー(イェスパー・クリステンセン)を訪ねる。カミンスキーはマティス最後の弟子でピカソの友人、そしてポップアート隆盛の60年代NYで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない終着点に向かっていくのだった……。
(上映時間:123分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『はじまりへの旅』
6月10日(土)〜6月23日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
世の中にはちょっと変わった家族はよくいるが、キャッシュ家の親子7人ほど何もかもが型破りで、奇妙キテレツな一家はどこにもいない。現代社会に背を向けてアメリカ北西部の山奥にこもり、インターネットなどのテクノロジーには一切依存せず、自給自足のサバイバルライフを実践。厳格な父親ベンの教えのもと、18歳から7歳までの6人の子は古典文学や哲学書に読みふけり、誰もが6ヵ国語をしゃべる。さらに鍛え抜かれた身体能力はアスリート級で、ロッククライミング、狩猟、マーシャルアーツと何でもござれ!
そんな大森林で暮らす一家の“初めての旅”を紡ぎ上げたロードムービーが、行く先々で観客の笑いと涙を誘い、熱狂的な拍手喝采を浴びている。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞に輝いた快挙を皮切りに、世界各国の映画祭や全米の賞レースをにぎわせ、わずか4館での封切りでスタートした全米公開は600館にまで拡大し、4ヵ月以上のロングラン・ヒットを記録。かくしてインディペンデント映画の枠を超え、異例の快進撃を続けている話題作、それが『はじまりへの旅』である。
(上映時間:119分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『高慢と偏見とゾンビ』
7月29日(土)〜8月11日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
18世紀末、イギリス。謎のウイルスが蔓延し、感染した者はゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は得意のカンフーでゾンビと戦う毎日だが、姉妹の母親は娘たちを早くお金持ちと結婚させなければと焦っていた。
そんな時、近所に資産家のビングリーが引っ越してきて、友人の大富豪で高潔な騎士ダーシーも出入りするようになる。折しも舞踏会が開かれ、ビングリーとベネット家の長女ジェインはひと目で恋におちる。一方、次女のエリザベスはダーシーの高慢な態度に腹を立てながら、彼のことが気になって仕方ない。ダーシーも戦う姿が勇ましい彼女に惹かれていくが、身分の違いを乗り越えることができないでいた。
ところが突然、ビングリーがジェインを置いてロンドンへ帰ってしまう。ダーシーが二人を引き裂いたと聞いたエリザベスは激怒し、ダーシーが一世一代の決意で臨んだプロポーズを拒絶してしまう。そんな中、遂に人類とゾンビの最終戦争が始まり、エリザベスとダーシーは共に戦うことに。果たして、すれ違う恋と、人類滅亡の行方は─?
(上映時間:108分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『セッション』
7月29日(土)〜8月11日(金)
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
2014年・第30回サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞を皮切りに世界各国の映画祭で注目を集め、第87回アカデミー賞では助演男優賞ほか計3部門を受賞したオリジナル作品。世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指導を受けることに。しかし、常に完璧を求めるフレッチャーは容赦ない罵声を浴びせ、レッスンは次第に狂気に満ちていく。「スパイダーマン」シリーズなどで知られるベテラン俳優のJ・K・シモンズがフレッチャーを怪演し、アカデミー賞ほか数々の映画賞で助演男優賞を受賞。
(上映時間:107分+予告5分程度 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『トマトのしずく』
上映期間未定
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
いじっぱりで素直になれない娘と口下手で不器用な父との葛藤、絆、そして家族の愛を描いた物語。昨年のお蔵出し映画祭2015にて、共感の涙を一身に浴び、グランプリ&観客賞のW受賞を飾った。
メガホンをとったのは、『捨てがたき人々』『木屋町DARUMA』など、様々な視点で人間ドラマを描き続けている榊?英雄監督。本作は脚本も手掛け、自身の父との思いをしたためたオリジナル作品。
ヘアサロンを営む夫婦のさくらと真。食卓に並ぶ料理を前に、「幸せになあれ」とおまじないを唱えることが日課のさくら。近く結婚パーティーを開く予定の二人だったが、さくらの父・辰夫を呼ぶか呼ばないかで言い争いになる。父子家庭で育ったさくらの胸中には、幼い頃、母を亡くした時の出来事が大きく残っていた。いよいよ結婚パーティーの当日、父の席は空席のまま。果たして疎遠だった親子の行方は――。
(上映時間:91分 DCP上映)
  ページTOPへ
*
『スモーク デジタルリマスター版』
上映期間未定
毎週火曜日定休
_ 上映時間未定
<作品紹介>
現代アメリカを代表する作家ポール・オースターが1990年ニューヨークタイムスに発表した短編小説「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」をもとに 作者自ら脚本を書き下ろし、『女が眠る時』『ジョイラッククラブ』のウェイン・ワン監督が映画化した言葉にならない感動作。
1990年ブルックリンー。 14年間毎日同じ時間に同じ場所で写真を撮り続けるタバコ屋の店主、オーギー。 最愛の妻を事故で亡くして以来書けなくなった作家、ポール。 18年前にオーギーを裏切り昔の男と結婚した恋人、ルビー。 強盗が落とした大金を拾ったために命を狙われる黒人少年、ラシード。 それぞれの人生が織りなす糸のように絡み合い、そして感動のクライマックスへと向かっていく……。
(上映時間:113分 DCP上映)
  ページTOPへ

HOME
Copyright. Kawagoe Scalaza